kurosukeのブログ「30歳の家出」

30歳になる男の、人生で初めての一人暮らしをブログに書きます。

30歳での(賃貸)契約公開

プロ野球での契約更改と契約公開をかけてみましたが、

完全にわかりにくくて後悔です。

 

 

 

初めに、関係ないお話をしますが、

最近外国の方が習字をされてるのをたまたま見て、

書かれてた漢字が「生死」でした。大変、味のある字でした。

深いですね。

 

どうも皆さんお元気でしょうか。

僕はまだ生きてます、死んでません。

 

今回、ついに不動産屋にて賃貸の契約をしてきました。

書ける限りで賃貸するまでに払うお金のお話とかも、書けたらと思います。

 

そもそもこのブログを始めた主旨が、

30歳から初めて一人暮らしすると、こんなことになっちまうんだぞ!

みたいなのをやってしまったXKという男の屍(?)を超えて、

そして進んで欲しいという思いから始めましたので、

がんばって書いていきたいと思います。

 

さっそくお金のお話から書きますが、

今回賃貸契約する際にお支払いした金額は、

ざっと15万円程になります。

 

人生で初めてお部屋を借りるということもあり、

前回も書いた気がしますが、

正直な感想は「結構かかるんだな」というのが第一印象です。

 

ざっと内訳

来月分の家賃:先払いです。            約4万円

仲介手数料:不動産屋さんに払う分です。      約4万円

駐車場契約手数料:駐車場借りましたので。     約5千円

消火用工具:なんか燃えたときに火に投げ込むやつ。 約6千円

保証委託料:家賃滞納時保険会社が払うやつの契約。 約1万2千円

鍵交換代:そのまま、鍵交換です。         約1万1千円

ルームクリーニング代:部屋出る時に綺麗にするやつ。約2万円

火災保険:二年ごとの契約お支払い         約1万6千円

 

ざっと15万円程度になります。

 

今回、敷金礼金がない賃貸になりましたので、

敷金礼金があるとこれに+α追加されることになります。

 

やはり家を出るということに対してとてもハードルを感じました。

ハードなハードルですね。

ダジャレ挟まないとやってられない性格なので許してください。

最初から読んで下さってる方はそろそろ慣れてもらう頃合いです。

 

さて、実はこの契約時のお金、今はクレジットカードで支払えるのですね。

これは知りませんでした。

ということで、当日お金は支払う必要はあるものの、カードだけ持って

不動産屋へ行きました。

 

が、ここで一つ罠が。

「火災保険」のみコンビニでの支払いでした。

なんてこったい。

お金持ってきてなかったので、コンビニでお金を下ろしてから支払いました。

 

 

 

さてここからは契約時の様子、感想を書いて行こうと思います。

 

まず契約する時にですね、

担当の不動産屋さんとは別の人が出てきて難しい話をされます。

 

最初来られた時、「誰?」ってなりました。

しかも話の内容がめちゃくちゃ難しくて終始頭の中が「??????」

という感じでした。

 

後で調べて分かったのですが、その人は「宅地建物取引士」という資格者で、

住宅契約をする際、重要事項の内容説明はその資格者が行わないといけないと、

法律で決められているそうですね。

 

まあそんなこと全く知らない状態の僕でしたが、

大人なのでめっちゃわかってるふりして聞いてました。

全く何もわかってなかったですけど。

めっちゃわかってるふりしてうなずいてました。

何も理解できませんでしたけど。

多分相手にはバレてる。

 

その後、たくさんの書類にたくさんのハンコとたくさんの署名、

そしてたくさんの現住所を書かないといけなくなります。

 

ハンコと署名は、覚悟してました。

でも、こんなに住所書く必要ある??ってレベルで住所書かされました。

あっちも住所こっちも住所、もう住所ゲシュタルト崩壊するわ。

 

もし現在住所が長いところでお住まいの方でしたら、

自分の住所を恨むことになる最初で最後の機会だと思います。

体験されたことのない方は是非ご体験ください。

 

 

人生でこんなに住所を書くことがあるなんて、僕知らなかったよ・・・。

 

 

そんな気持ちを持ちつつ、たくさん書類を書いていると、

ふと悟りを開きました。(?)

 

それは「住所」というものがいかに重要なものかということです。

住所によって自分の確定的な居場所がわかり、

それにより仕事に就けたり、お金を借りたり、

車を買ったり、免許を取ったりできるわけ取ったりできるわけですね。

 

住所というのはどんな重要な書類にも書く個人情報、

それを全く違うものに変更するのだから、

当然書く書類も多く、手続きも大変になるのだなと思いました。

 

でももうちょっと減らしたり電子化できないですかね、ダメですか。

 

さて、そんなこんなで、無事契約終了。

大変貴重な経験をさせて頂きました。

ずっとこのまま実家暮らしなら、絶対に知りえなかった経験が

ここにはありました。

 

さて、引っ越しももう6日後に迫っています。

無事に引っ越しできるでしょうか僕。

荷物まだまとめてないですけど。

まあ学生の頃の夏休みの宿題はね、8月31日にめっちゃ急いでやって、

半分しか出さなかった子ですからね。

きっと大丈夫だ!!!!!!!!!

 

外国の方が書かれた「生死」という味のある習字が

目に浮かびました。

 

次回も生きてブログを書け。(願望)